Vo. 増子直純
 生年月日:1966.4.23 出身地:北海道札幌市 血液型:A

 >>>プロフィール



 G. 上原子友康
 生年月日:1967.2.26 出身地:北海道留萌市 血液型:A

 >>>プロフィール
 >>>インスタグラム



 Ds. 坂詰克彦
 生年月日:1966.8.18 出身地:北海道幌加内町 血液型:O

 >>>プロフィール
 >>>ブログ
 >>>インスタグラム

1984年、札幌にて結成。
増子の高校卒業後2年間の自衛隊入隊等の期間を経て、1988年より抜群のキャラクターを誇る現在のメンバーで本格的な活動を始める。

1991年に札幌シーンから鳴りもの入りで上京し、クラウンレコードよりアルバム『怒髪天』(タイトル題字/北島三郎氏)でメジャーデビューを果たすも、時を同じくしてバンドブームも終焉。
さらに、上京後わずか数日で事務所も倒産するなど、以降前途多難な活動状況が続く。
その間もメンバーは持ち前のポジティブマインドで数々のバイトをこなしながら楽しく活動を続けていたが、1996年、遂に行き詰まりを覚え、1999年まで3年間活動を休止する。
この3年間で、増子はリングアナ、穴空き包丁の実演販売、雑貨屋などを経験し、現在の怒髪天の歌詞世界観につながる経験をする。(本人曰く、活動を休止して、バンド村を飛び出し社会で働く経験をしたおかげで、所謂世間一般に対する認識が変わったとのこと)

1999年、ベースの清水の呼びかけで再始動。
2000年、フライハイトレーベルより『怒盤』をリリース。
JAPANESE R&E(リズム&演歌)を旗印に再び名乗りを上げる。
2004年から、再び活動の場をメジャーで展開。同年、テイチクインペリアルレコードより『握拳と寒椿』をリリース。

バンド結成25年を迎えた2009年頃からは、テレビ/ラジオ番組、TVCM等メディア露出も増加し、知名度が全国区に広がる。

2014年1月、その後の熟年バンドの武道館公演実施の礎にもなる、自身初の日本武道館ワンマン公演を敢行。大成功、満員御礼におさめる。
同年、武道館公演のお礼参りの47都道府県ツアーと、地元札幌への感謝を込め開催した4000人動員のフリーライブを実施。

2016年、メンバー50歳を記念したアルバム『五十乃花』をリリース。50歳にちなんで、50+1本全51公演の全国ツアーを開催。
同年、増子が初舞台にして主演(永山瑛太とのダブル主演)を務めた、大パルコ人Bステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」に出演。劇伴音楽は上原子が務める。

2019年、35周年記念盤『怒髪天』をリリース。本作に収録されている「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜は、この1曲の中にドラマー6名、ベーシスト6名、ギタリスト13名、ヴォーカリスト&コーラスあわせて総勢220名が参加。制作期間8ヶ月、制作費フルアルバム1枚分の、前代未聞のトリビュート企画となった。怒髪天でしか成し得ない、まさに"オールジャパン"。各界の筋金入りの"オトナ"のプロが一堂に会した「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜」のプロモーションビデオも話題となる。
同年、増子がNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に出演。

2020年、コロナ渦の中でもやれることを諦めずに活動。
4月に通販限定アルバム『明日に向かって漕げ!』、5月に配信限定シングル『チャリーズ・エンジェル』、11月にアルバム『ヘヴィ・メンタル・アティテュード』をリリース。
9月6日に日比谷野外大音楽堂で「怒髪天 必要至急特別公演キャプテン野音2020 〜1/2の神話(キャパ)〜」を有観客ワンマン公演として開催。

2021年、3月から約2年ぶりとなる全19公演の全国ツアー「ヘヴィ・メンタル・アティテュードツアー 2021 〜Mr.ジョーク参上〜」を開催。
同年、大パルコ人Cマジロックオペラ 愛が世界を救います(ただし屁が出ます)の劇伴音楽を上原子が務める。

東京に上京して30年の節目となる2021年は、「東京三十年生」と銘打った企画を展開。8月に配信リリースした、現在の怒髪天のアンセムソング『ジャカジャーン!ブンブン!ドンドコ!イェー!』をはじめ、入手困難な廃盤作品、未発表曲、楽曲提供作品のセルフトリビュートを含む全30曲をリリース。

2022年、コロナ禍が続くも、ワンマン、対バン、対バンツアーなどライブ形式を可能な限り通常モードにシフトしていく。

3〜6月、全国ツアー「古今東西、時をかける野郎ども」(19会場23公演)を新旧楽曲を織り交ぜた構成で開催。
7月、the pillowsと対バンツアー「B.M. I LOVE YOU」(全3公演)を開催。
8月、恒例企画「YOKOHAMA オトコまえ 2022」(対バン/柳家睦とラットボーンズ)、「中京イズバーンング」(対バン/LAUGHIN' NOSE)を迎えて開催。
9月、配信シングル『100万1回ヤロウ』をリリース。
10月、フラワーカンパニーズとの共催企画「ジャンピング乾杯ツアー」(全4公演)を3年ぶりに開催。ドハツの日公演は初のダンスホール新世紀にて2日間開催。
12月、恒例企画「響都ノ宴」が15周年を迎える。ワンマン、トーク、イベント(ゲスト/子供ばんど、四星球)で全4日間開催。年末恒例企画「長野闘気オレリンピック」は、対バン/亜無亜危異を迎えて開催。

2023年、3月にアルバム『more-AA-janaica(モウ エエジャナイカ)』をリリース。
3/10の荻窪TOP BEAT CLUB公演(w/ニートビーツ)から、通常(コール&レスポンス有)ライブを解禁。

5〜7月、全国ツアー「more-AA-janaica TOUR 〜もうええじゃないか、もう〜」(19公演)、柳家睦とラットボーンズとの対バンツアー「2023 WORLD BAKA CLASSIC 決勝」(4公演)を開催。
5月、さよなら中野サンプラザ音楽祭で、スターダスト・レビューと対バン。
8月、"We Are OUT老GUYS"と称して、フルメイクライブ実施。

同年、増子が、映画「GOLD FISH」、ドラマ「季節のない街」に出演。

2024年、1月にデジタルシングル「ザ・リローデッド」のリリース、その後1年かけての全国ツアー全25公演を予定している。バンド結成から40年。変わらず、「H.M.A.(ヘヴィ・メンタル・アティテュード)」をモットーに突き進む。



怒髪天は、通常のリリース&ツアーやロックバンドというイメージにとらわれることなく、楽曲提供、映像作品/舞台出演、アイドルとのコラボなど、自分たちの好奇心を最優先にした怒髪天流の活動で、飄々と颯爽とさまざまな垣根を越えて活動を続ける。


定期開催公演
「湯ナイテッド・アワーヅ」(石川県粟津温泉粟津演舞場)
「中京イズバーニング」(名古屋CLUB UPSET)
「YOKOHAMA オトコまえ」(F.A.D YOKOHAMA)
「響都ノ宴」(京都磔磔)
「長野闘気オレリンピック」(長野CLUB JUNK BOX)
「10月20日のドハツの日特別公演」
「トーキョーブラッサム」(東京開催対バン企画)
「カムバック・サーモン」(地元北海道で開催)
「大怒髪展」(怒髪天の一大アミューズメント企画)



※JAPANESE R&Eとは
95年頃、日本で流行り始めたニワカ『R&B』にあてこすり、日本人のソウルは演歌であると使い始めた造語。
『E』はもちろん『演歌のE』。